ウェブサイトをeHostに転送する方法

2017年の更新: eHostは新しい経営者に売却され、私のeHostレビューの更新に反映されているように、急速に悪化しました。これらは2017年に閉鎖されるため、以下のガイドは一般的なウェブサイト転送のガイダンスとしてのみ表示する必要があります.


すでにご存知かもしれませんが、eHostは現在、着信ドメイン転送を受け付けていません.

つまり、たとえばFatCowにドメインを登録していて、ウェブサイトをBlueHostなどの別のホストに転送したい場合(トップピック)、ドメイン名を別の場所に保持し、それを指すようにする必要があります。レジストラでDNS設定を使用するeHostアカウント.

多くの人々にとって、それはおそらくとても混乱するように思えます。ステップバイステップで簡単にしましょう:

必要なものは次のとおりです。

  • 別のホストの既存のホスティングアカウントへのアクセス.
  • cPanelホスティングアカウント(eHostでは利用できなくなりました)
  • 次のようなドメインレジストラでアカウントが必要になる可能性があります NameCheapこちらのクーポン

始めましょう!

ステップ1 –ウェブサイトファイルをダウンロードする

FTP経由で古いホスティングホスティングアカウントに接続し、すべてのファイルをダウンロードする.

ステップ2 –データベースをダウンロードする(該当する場合)

古いホスティングアカウントからデータベースのバックアップをダウンロードします。これを行うには、phpMyAdminにログインし、バックアップするデータベースを選択してからエクスポートします。これにより、.sqlファイルがコンピューターにダウンロードされます。.

ステップ3 – eHostアカウントにファイルをアップロードする

FTP経由でeHostアカウントに接続し、ステップ1でバックアップしたすべてのファイルをアップロードします.

ステップ4 –データベースをeHostアカウントにインポートします(該当する場合)

  • eHost cPanelアカウントにログインし、「データベース作成ウィザード」を見つけます
  • 手順に従って新しいデータベースと新しいデータベースユーザーを作成し、ユーザーにすべてのデフォルトの権限を付与します。.
  • この新しいデータベース用に作成したユーザー名とパスワードは、後で必要になるため、必ず保存してください。.
  • cPanelに戻り、phpMyAdminを見つけます。 phpMyAdminに移動して、作成したデータベースを選択します。次に[インポート]に移動し、[ファイルを選択]をクリックします。ポップアップウィンドウで、前のステップ2でダウンロードしたデータベースバックアップファイルを選択します。
  • 正常にインポートされ、完了です.

ステップ5 –データベースユーザー/パスワードの設定ファイルを確認する

サイトがデータベースを使用している場合、ほぼ間違いなくどこかに設定ファイルがあります。たとえば、WordPressサイトでは、サイトのメインフォルダにあるwp-config.phpです。ファイルを開き、データベース名、データベースユーザー、およびデータベースユーザーパスワードが記載されていないか確認します。これらを変更して、手順4で作成したデータベースの名前と資格情報に一致させます。.

ステップ6 –ドメインを移管する必要があるかどうかを判断する

古いホスティングプロバイダーがホスティングアカウントのキャンセルを許可しているが、ドメイン名の登録のみのお支払いを継続している場合は、ステップ7に進むことができます。.

以前のホスティングプロバイダーがホスティングプランの料金を支払わない限りドメイン名を維持することを許可していない場合は、ドメイン名をNameCheapなどの別のレジストラに転送する必要があります。このページの上部.

ステップ7 – eHostを指すようにドメインのDNS(ドメインネームサーバー)を設定する

eHostにサインアップすると、eHostからアカウントの詳細を確認し、ドメインをポイントする必要があるネームサーバーをメールで受け取っているはずです。それらは次のようになります….

たとえば、「ns1.ehost.com」と「ns2.ehost.com」。しかし、それらは異なる場合があります。なんらかの理由で元のメールがない場合は、次の手順に従ってください。

  • eHostアカウントにログインし、左側のメニューで[個人用サイト]をクリックします.
  • ドメイン名を指定するcPanelアカウントを見つけ、[管理]ボタンをクリックします
  • cPanel内で、左側のパネルにある「サーバー情報」リンクを見つけてクリックします。表示されない場合は、[統計を展開]をクリックして表示します.
  • ここにサーバー名があります.
  • このページ(新しいタブ)に移動し、サーバー名を表に入力して貼り付けます。ネームサーバーが表示されます.
  • それらのネームサーバーを書き留めます.

次に、ドメイン名登録事業者に行き、ドメイン名のDNS設定を編集します。ネームサーバーをeHostから取得したものに変更します。.

ヒント: 24時間程度待ってから、サイトで作業を行ってください。ネームサーバーの変更が世界中のすべてのISPに反映されるまでには、最大24時間かかることがあります。これを強調する理由は、ネームサーバーを変更した場合でも、ブラウザーでアクセスしたときに古いホスティングアカウントからサイトにサービスを提供している可能性があるため、行った編集はDNSが完全に伝達されると失われるためです。.

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map